オゾンは酸素と同位体で、分子記号 O3、分子量48、比重1.7の青みを帯びた気体です。 弗素(F)の 次に強い酸化力を持っているオゾンは、その酸化力で有機物を分解し、殺菌・脱色・脱臭及びBODや CODを除去するので、各種の水処理に使われています。 オゾンは、酸素より水の中で溶解度が高く、自己分解後に発生するOH-(Hydroxyl Radicals)が 有機 物と素早く反応します。 反応の後、臭いや色などの化学的性質を残さないため、二次汚染の心配はあり ません。



 


 

 

オゾンは様々な方法により発生します。 多く使われてる方法は、電子が酸素分子の輪を破壊し、二つの 酸素原子にすると、この不安定な酸素原子は直ちに酸素分子と反応してオゾンが発生するのです。

@ 接地電極管 A 特殊GLASS管 B アルミニウムコ-ティング電極 C 放電キャップ
D 冷却水 E 高電圧供給BRUSH F 高圧ヒュ-ズ G スペイサ-



                  
Fig 1 - 1 インバ-タ-を使用したコ-ティンググラスのオゾン発生器の構造


 

 

Fig 1-2 一般用オゾン発生器の構造


 

1. Kozone オゾン発生器はアルミニウムコ-ティングチューブを使った新しい構成形式になっています。

2. Kozone オゾン発生器は冷却効果を極大化し高濃度のオゾンを得られるので省エネルギ効果やオゾ ン溶解度が優れています。

3. Kozone オゾン発生器の放電管一つ当たりのオゾン発生量が(50g/hr - 100g/hr)非常に多いため、 オゾン発生器の体積を縮小することができ、小さい面積にも設置が容易です。

4. Kozone オゾン発生器は中周波インバ-タ-を電源に採択しオゾン発生の効率が非常に高く、オゾン 発生量の制御が10% -100%まできるので、伸縮性のある運転が可能です。

5. 装備の運転及び保全がPROGRAMLOGIC CONTROL SYSTEMで自動的に行われているため、 運転プログラムの操作が簡単です。 また、誰でも運転しやすく、維持管理が便利で、プログラムの 修正も容易です。

6. コンピューターに係わるオゾンモニターを取付けることで、オゾン発生量の自動制御やオゾン発生量 の確認、また最適制御の概念による運転ができます。(OPTION 仕様)

 


 

 


Fig 1 - 3 周波数可変用 power supply
 
 

 


  


 

 


Fig 1-4 周波数帯域とオゾン発生量

 


Fig 1-4 オゾンの水での溶解度