順位

項目

単位

性能

KOS 形式の特徴


1

2

3

4

5

6

7

8


適用周波数

オゾン発生濃度

消費電力

認可電圧

発生圧力

冷却水温度

空気供給量

出口露点温度
(供給空気)


HZ

g/Nm2

kw/kg・O3

KV

kg/cm3

m2/hr


60

10〜25

15〜18

8〜11

0.8

15

50

-50〜-60

 

KOS形式の装置-周波数変換 装置及びアルミニウムコ-ティング 電極などの附加装置を使わない 伝統的な方式のオゾン発生装置 として、装置の規模が大きいのが 短所ではあるが、耐久性が強く、オ ゾンチューブ及び電極の寿命が 長い特徴を持っています。

 


 

 



 

 

モデル

オゾン発生量

空気要求量

冷却水量

空気圧縮機

放電電力

設置面積

g/hr

Nm2/hr

m2/hr

kw

kw

WxLxH(m)

  KOS-70
  KOS-100
  KOS-150
  KOS-200
  KOS-250
  KOS-300
  KOS-400
  KOS-500
  KOS-600
  KOS-700
  KOS-800
  KOS-900
  KOS-1000
  KOS-1500
  KOS-2000
  KOS-3000

70
100
150
200
250
300
400
500
600
700
800
900
1000
1500
2000
 3000

3.36
4.8
7.2
9.6
12
14.4
19.2
24
28.8
33.6
38.4
43.2
48
72
96
 144

0.6 
0.9
1.35
1.8
2.2
2.7
3.6
4.5
5.4
6.3
7.2
8.1
9
13.5
18
 27

1.5
1.5
2.2
2.2
3.7
3.7
5.5
5.5
7.5
7.5
11
11
15
15
(SCREW)
22
(SCREW)
 22
(SCREW)

1.33
1.9
2.85
3.8
4.75
5.7
7.6
9.5
11.4
13.3
15.2
17.1
19
28.5
38
 57

1.8X2.5X1.8
2.0X2.5X1.8
2.5X3.5X1.8
3X4X1.8
3X4X1.8
3X4X1.8
3.5X5.5X2.2
3.5X5.5X2.2
3.5X5.5X2.2
3.5X6.0X2.5
3.5X6.0X2.5
3.5X6.5X2.5
3.5X6.5X2.5
4.5X6.5X3.0
5.5X9.0X3.0
 7.5X13X3.0


※本仕様は品質改良のため、変更することがありますので予めご了承お願いします。
(上記の設置面積は A /S 空間が含まれています。)